人気の北欧テイストのキッチンづくりのポイント

そもそも「北欧テイスト」って何?

北欧テイストでキッチンをまとめたい、という話は良く聞きます。しかし食器や調理器具を北欧製のものでまとめても、いっそのこと北欧製のキッチンユニットを輸入して組み立てても、北欧テイストが漂ってくるキッチンにはならない可能性が大です。
ここでは改めて、「北欧テイストとは何か」の基本を簡単にまとめておくので、それを参考にすることからキッチン作りを考えてみて下さい。
北欧テイスト、すなわち北欧風のインテリアの基本は、(1)インテリアはシンプルにまとめる、(2)木の温もりを感じる空間にまとめあげる、(3)シンプルさを強調するためにもベースは白が基本、(4)明るく楽しい色を1色か2色アクセントカラーとちて積極的に取り入れる、といったものです。

北欧テイストは自由に広がって行きます

北欧テイストのキッチンというのは、同じように木を多用して自然の温か味を感じさせるようなスタイルを目的としていても、カントリー風のキッチンとは少し違います。より洗練した感じを強調し、20世紀のミッドセンチュリーのスタイルとも相性の良いスタイルです。
北欧テイストでまとめるといっても場所が清潔感を要求するキッチンですから、基本色としてどんな色にも相性の良い白をお勧めします。そこに赤や青やグリーンなど、あなたの好きな色を中心にして少しずつ小物をそろえてください。基本はシンプルで洗練されている、でもどこか「大人可愛い」と感じるデザインです。これだけではなかなかイメージがつかめないないかもしれませんが、要するにキッチンのテーマカラーに沿っていて、あなたが愛着を感じるデザインの調理器具や食器を揃えて行けば良いのです。決して北欧製のものだけにこだわる必要はありません。日本製や北欧以外のヨーロッパ製、あるいはアメリカ製の食器や調理器具でも、思いがけないほど北欧のイメージに合致したものも手に入ります。

設計事務所は建物のデザインを考えています。注文住宅の設計にも力を入れているので事業も拡大しています。