家族で対話を楽しめるキッチンのつくり方

対面キッチンの仕様は様々!

注文住宅でこだわりたいポイントのひとつが、キッチンですよね。家族との時間も大切にしながら調理を楽しみたいという人に人気なのが、対面キッチンです。リビングやダイニングにいる家族と対話をしたり、家族と共にキッチンに立って作業をしたりできる、充実したキッチンをぜひ実現しましょう。
対面キッチンと一口に言っても、その仕様は様々です。おしゃれなキッチンとして人気なのが、アイランドキッチンやペニンシュラキッチン。一般家庭でよく見られるのが、I型キッチンです。ほかには、L型キッチン、セパレート型キッチンもありますよ。
それぞれの特長を理解した上で、家族との距離感を適切に保てるキッチンを選ぶことが、心地よく過ごす上で大切です。子供が料理に興味を持ち、お手伝いをしたくなるようなキッチン設計をすると、豊かな成長を促すという意味でも、キッチンが役立ちます。

対面キッチンの特性を知って上手に選ぼう!

アイランドキッチンは、キッチンが壁に接している部分がなく、部屋の中に島のように配置されているのが特長です。対面キッチンのなかでも、抜群の開放感があり、家族と一緒に調理をしやすいのが嬉しいですね。
ペニンシュラキッチンは、一見アイランドキッチンと似ていますが、左側、右側、いずれかが壁に接しています。アイランドキッチンと比べると、省スペースで設置できる上、十分な開放感があるところが魅力となっていて、設置例も多くみられます。
I型キッチンは、日本の家庭でよく見られるコンロやシンクが一並びになっているキッチンです。キッチンの手前にカウンターを設置すると、キッチンのそばで食事を取ることができますよ。
L型キッチンは、コンロ、シンクの配置がL字型になっています。作業スペースがゆったりとしていて、動きやすいのが特長です。
シンクとコンロを別々に配置したのがセパレート型キッチンです。大勢でも作業がしやすく、家族で楽しく料理を楽しみたい人におすすめですよ。

間取りは住宅にとって非常に重要な要素となりますので、建築をする場合にはプロの建築士に任せておく事が大切です。