料理がもっと好きになるキッチンデザインのコツ

注文住宅なら好みのキッチンを選べますよね

システムキッチンは収用棚や調理スペース、ガスコンロやレンジフード、オール電化住宅の時に使うIHクッキングヒータ、流し台と言った機能を一つにまとめた台所用住宅設備です。
システムキッチンにはL字型タイプや対面式キッチンなどの種類があるほか、色のバリエーションや調理スペースの素材など好みのものを選べるようになっています。
中には、車いすに座った状態で調理が行えるライフサポート型のシステムキッチンもあります。
注文住宅の場合は自由設計と言う事からも、好みのシステムキッチンを選べますが、好みのシステムキッチンを選ぶ時にはカタログだけではなく、メーカーのショールームに出向く方法や住宅展示場のモデルハウスを見学するのがお勧めです。

色の選び方のポイントは?

システムキッチンには幾つかのカラーバリエーションを用意している製品が多くありますが、カタログで見た時には良い色合いでも、実際に施工した時にイメージと違うと言うケースもあります。
ショールームや住宅展示場には実際に設置が行われているシステムキッチンを見る事が出来るので、色選びの時にも見学がお勧めです。
調理スペースの事をワークトップと言いますが、ここの素材には大理石やステンレスなど色々な種類があり、見た目だけではなく掃除のし易さなどについてもチェックをしておきましょう。
気に行ったシステムキッチンが見つかった時は、調理がし易い高さの製品を選びます。高さを選ぶ場合のポイントは身長を2で割り、5センチを足した高さになります。

狭小住宅とは、都会など土地の値段が高い所で家を建てるときに、できるだけ費用をおさえるために小さく作られた家のことです。